FXデイトレードで勝ちたい方 必見!

【当ブログ限定★オリジナル無料特典】
多くの人が知らないトレード手法を公開!

オリジナル無料特典はこちら

兼業FXで勝つコツ【9選】意外と知らない本当の勝ち方

1. まとめ記事
ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

こんにちは。

兼業トレーダーのひろとっちゃです。

FXをやっている方は誰でも『勝ち方』に興味があるかと思います。

このFXの勝ち方については当然トレーダーごとに異なりますが、重要なポイント(勝つコツ)については共通しているところがあるのも事実です。

特にサラリーマンなどの時間がない兼業トレーダーは、これらの重要ポイントを知らないとFXで勝ち続けるのは難しいというのが現実です。

ですので、今回は兼業トレーダー向けに『兼業FXの勝ち方(勝つコツ)』について、纏めてみました。

この記事を読めば、『兼業FXの勝ち方』の重要ポイントが分かる内容になっています。

 

私が10年以上のトレード歴の中で得た経験を基に、兼業FXの勝ち方(考え方)と勝つコツを9選として詳しく整理しましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

兼業FXの勝ち方(基本概念)

FXの世界には、私も含めて多くの兼業トレーダーがいます。

そして、FXで勝つための手法や考え方も数多く研究されており、インターネットで検索すれば色々な情報をすぐにでも知ることができますよね。

しかし・・・それらの情報で本当に勝てるんでしょうか?

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

私は、多くの兼業トレーダーはこれら世の中の情報を勘違いしていると思っています。

その理由は、そもそも兼業と専業では勝ち方(勝負の土台)が全然違うと考えているからです。この土台とは、シンプルに言うと『トレード可能な時間』です。

 

当たり前ですが、兼業トレーダーは限られた時間の中で勝つ必要があるのに対し、専業トレーダーはその時間を十分に利用してトレードができるわけです。

この時点で、トレードスタイルや手法、考え方、戦略に大きな差があるわけです。

この理解を間違えると、兼業はなかなか勝つことができないと思っています(それなりに勝っていても、どこかで大負けして『0』になる可能性が上がります)。

にもかかわらず、インターネットや情報誌を見ても、この『兼業が勝つことに特化した情報』って詳しいものが多くないんです・・・

 

私も10年以上兼業としてトレードしてきましたが、過去、何か調べものをしたい時に『それは分かるけど、兼業には無理でしょ!』みたいなことが多くて、兼業トレーダーが勝り続けるのは難しいのかな?と思うことが頻繁にありました。

こういった経緯から、それなら長年に渡り兼業トレーダーとして戦ってきた自分なら役立つ情報を提供できるかも!と思い、その経験から得た考えをブログに書くことにしました。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

それでは、私が考える『兼業FXの勝ち方』をご紹介していきます。

 

トレード手法の決め方

トレード手法を決める上で多くの人が勘違いしているのは、世の中の情報(ネットや本、動画等)はほとんど専業目線であるということです。

つまり、そのような情報から手法などを学んでも、トレード環境が特殊な兼業では勝ちきれない可能性が高くなります。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

なので、まずは兼業トレーダーが勝つための手法の決め方について考えてみましょう。

 

生活条件に合った手法の選択

一般的に言われていることですが、残念ながらほとんどのFX兼業トレーダーは勝てていません。

適当にトレードしている方は論外としても、頑張って努力している方でも厳しい世界であることは言うまでもありませんよね。

ですが、必死にトレードのことを勉強して手法などを決めても勝てないのは、その根本にあるトレード環境に対する理解と考え方が間違っているからだと考えています。

 

雛豆 ひなこ
雛豆 ひなこ

王道や鉄板手法を学ぶだけでは勝てないの?

じゃあ兼業はどうすればいいの?

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

重要なのは、手法や考え方が自分の生活条件に合っているかということです。

 

例えば・・・

王道手法といえばマルチタイムフレーム分析が有名だと思いますが、この考え方自体は素晴らしく、否定しようがないと思います。

ですが、貴方がサラリーマンでニューヨーク時間の2~3時間しかトレードできない『生活条件』だったらどうでしょう。

当然トレード手法にもよりますが、一般的に考えておそらくトレードチャンスは多くないと思います。

つまり、いくら良いと思う手法や考え方に出会っても、それを実践できる(やり続けられる)環境にいるかが重要になってきます。

 

冒頭でも書きましたが、兼業トレーダーが専業トレーダーと最も異なる点はトレード可能な時間です。

その大前提が違うのに、手法だけを追い求めても勝てるようにはなりません。

大事なので繰り返しますが、自分の生活条件の中で、自分に合った手法や考え方を構築していかなければならないということです。

 

雛豆 ひなこ
雛豆 ひなこ

なるほどね。

『勝てそうな手法ありき』で考えたらダメなんだ!

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

その通りです。

兼業には兼業の勝ち方があるということです。

 

合理性を捨てる

普通に考えると、ただでさえ時間がない兼業トレーダーは『なんとか上手くやろう』と手法や戦術を必死に考えますよね。

ですが、この合理性の追求が大きな落とし穴でありFXの難しい所です。

人間は、様々な問題を解決するときに合理性を追い求めます。どうしたらもっと上手くなれるか、仕事が効率良く進むか・・・などは自然な考え方ですよね。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

ですが、兼業FXではそれが勝てない根本の原因だと私は思っています。

 

つまり、兼業でトレードする時間が十分にないのに上手く勝とうとか思ったらダメというわけです。

それは、全部を完璧にはできないからです。

自分のトレード環境に合わない情報は捨てて、どんなトレードができるのか(どんなスタイルなら勝てるのか)を考えて、そこだけを極めるのがFXで勝つ一番の近道だと思います。

 

FXでは、武器が1つあれば十分に勝っていけます。

なので兼業トレーダーは色々な手法や戦術を考えて『上手くやる』のではなく、『捨てる・絞る』ということに重点を置いた方が良いです。

雛豆 ひなこ
雛豆 ひなこ

そんな、非合理的な・・・

もっと色々な手法でやりたいのに!

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

それが普通の人の発想なので、逆で良いんです。

 

この『絞る』については下の記事に詳細を書いていますので、参考にしてみてください。

 

 

時間がない中で頑張って色々なことをやるのではなく、自分の生活条件(トレード環境)をベースに手法を決め、それをひたすら極めましょう。

FXで勝つために重要なことは、その手法をやり続けられるか・・・ということです。

 

FXで勝つコツ【9選】

ここまで、兼業トレーダーが勝つために必要な考え方(土台)について書いてきました。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

ここからは実際のトレードで稼ぐために、具体的なFXの勝ち方(勝つコツ)を纏めていきます。

 

各項目に関連記事のリンクを貼ってありますので、参考にして頂ければと思います。

また、後半には私が実際に使っているトレード手法と当ブログ限定のオリジナル無料特典についても書いていますので、興味がある方は読んでみてください!

 

おすすめ口座

まず、トレードを始めるにあたり様々なFX口座がありますが、私がおすすめするのは海外FX口座です。

兼業トレーダーが海外FX口座を使った方が良い理由はいくつかありますが、簡単に纏めると次のような理由です。

  • ゼロカットシステムを採用しているため、万が一のリスクを回避できる。
  • レバレッジが大きく、必要証拠金が少なくて済む。
  • 豊富なボーナスプログラムで、初期資金が少なくて済む。
  • NDD方式を運用しており、取引システムに透明性が高い。
  • 運用実績、世界的知名度から信頼性が高い。

 

他にもありますが、ざっくり言うとこんな感じです。

FXを副業として行う兼業トレーダーにとって、初期資金を抑えて大きく勝てる環境を準備するというのは非常に重要です。

なおかつ、追証や借金などの大きなリスクを回避しながら投資ができるというのは絶対条件かと思います。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

ここでは、日本でも非常に人気の海外FX口座『XM』についてご紹介します。

 

メリット・デメリットや特徴、口座開設方法等をとても詳しく纏めていますので、使用するFX口座を迷っている方は、ぜひ読んでみてください。

 

【その他の関連記事】

 

トレードスタイル

FXのトレードスタイルとしては、ポジション保有時間の違いから次のように分類されます。

  • スキャルピング ⇒ 1日に数回~数十回以上
  • デイトレード⇒ 1日に1回~数回(翌日に持ち越さない)
  • スイングトレード⇒ 1カ月に1回~数回(持越しあり)
  • ポジショントレード⇒ 保有時間は数カ月以上(年単位も)

 

これらのトレードスタイルの中から自分にあったものを選択するわけですが、これは用意できる証拠金(元手の資金)と資産運用のビジョンにより決める必要があります。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

この中で、兼業トレーダーは『まずはデイトレード』がオススメです。

FXの醍醐味である少額から短期的で増やすという意味で考えると、デイトレード(もしくはスキャルピング)が最も適しています。

雛豆 ひなこ
雛豆 ひなこ

デイトレードで資産が増えたら、スタイル変更もOKってことだね!

 

トレードスタイルの選択は、これからの長いFX人生において非常に重要な項目です。

兼業トレーダーにとって何故デイトレードが良いのかを下の記事で詳しく解説していますので、参考にしみてください。

 

【その他の関連記事】

 

通貨ペア

FXには様々な通貨ペアが存在しますよね。通貨ペアにはそれぞれの特徴があり、トレードする上でその選択は重要ポイントとなります。

最近では各国の通貨だけでなく、株価指数や金、仮想通貨なんかもレバレッジを掛けたトレードができる環境になっています(ここでは、これらを総称して通貨ペアとします)。

そんな多くの通貨ペアの中から何を選択するのが良いかというと、それはメジャー通貨ペアになります。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

例えば、米ドルやユーロ、ポンド、円のように有名な通貨のことです。

 

当然、これ以外にもトレードに有利な通貨ペアはあるのも事実です。

ですが、通貨ペアの選択に迷っている方は、まずはこのメジャー通貨の組み合わせから始めた方が良いと思います。

具体的にどうやって通貨ペアを選択したらよいのか、理由も含めて下の記事に纏めていますので参考にしてみてください。

 

 

取引方向

ご存じの通り、FXの取引方向は買いと売り(ロングとショート)の2つしかありません。

普通の感覚ですと両方トレードした方がチャンスが増えるので、チャートの形状によって柔軟にエントリーした方が効率的だと思います。

ですが、例えば月単位でまだ勝てていない人は『まずは片方向』に絞るのが良いと考えています。

取引方向を絞ることで相場をシンプルに捉えることができるので、得意パターンを完全に自分のものにできます。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

私も勝てるようになったキッカケは、ロングを捨ててショートだけに絞ったことにあります。

 

特にデイトレードの場合、月単位で見れば片方だけでも十分なエントリーチャンスが来るので大きな問題にはなりません。

まずは片方(好きな方や得意な方)で勝てるようになってから、もう片方を覚えても遅くはないので、勇気を持って取引方向を絞ってトレードしてみてください。

雛豆 ひなこ
雛豆 ひなこ

たしかに、片方だけで勝てないと両方でも勝てないよね・・・

 

ロングとショートの選び方については下の記事に纏めていますので、合わせて読んでみてください。

 

【その他の関連記事はこちら】

 

トレード回数

まず誤解していけないのが、FXは頑張れば勝てるというわけではなく、トレード回数=利益ではないということです。

兼業トレーダーは時間がないので焦ってたくさんトレードしがちですが、実はそれが大きな落とし穴です。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

FXではトレード回数が増えると、逆に勝てなくなると私は考えています。

 

負けてしまう人の原因の多くは、無駄なトレードが多いことにあると思います。

なので、トータルで勝つためには優位性の高いポイントだけに絞ってトレードすることで精度を上げる必要があります。

トレード回数を減らすメリットや最適なトレード回数について、下の記事に纏めています。こちらも兼業トレーダーが勝つ上で重要ポイントですので、一度読んでみてください。

 

【その他の関連記事はこちら】

 

ロット

FXでは世界共通で、『ピップス×ロット』で金額が出ますよね。

先ほども書きましたが、多くのトレーダーはたくさんトレードしてピップスを獲る思考になっています。ですが、これは非常に危険な思考です。

時間に限りのある兼業トレーダーは、現実的にピップスを増やすのは難しいと考えています。なので、1回あたりのロットをある程度上げてトレードするのがおすすめです。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

ロットはFX最大の武器であり、正しく利用すれば非常に多くの恩恵が得られます。

 

兼業トレーダーが効率よく稼ぐには、このロット選択が肝となってきます。

適正なロットについては下の記事に纏めていますので、参考にしてみてください。

 

【その他の関連記事はこちら】

 

ルール/メンタル管理

FXにおいて、ルールを守ることは最も大事なことです。

ルールには正しい決め方があり、それを守るためのメンタルが伴わなければどんな手法を使っても勝ち続けることは不可能です。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

これは大袈裟ではなく、ルールを守るには『心臓を懸ける』くらいの気持ちが必要です。

 

FXというゲームは自由度が大きすぎるので、自分で決めたルールなんて簡単に破るこができます。

ルールを無視しても法的に罰せられるわけでもないですからね。

そして厄介なことに、ルールを無視しても結果としてトレードで勝ってしまうこともあるので、その度にルールを守ることの意味がどんどん薄れていきます。

そして気付いたときには相場に捕まり、口座破綻へ繋がります・・・

 

FXにおけるメンタル管理とは、いかなる時でもトレードルールを守るために必要なものです。

当然、絶対に守るという決意・根性論の世界になってしまうわけですが、メンタルの鍛え方やルール自体の決め方にもコツはあると考えています。それらを下の記事に書いてみたので、参考に読んでみてください。

 

【その他の関連記事はこちら】

 

資金管理/リスク管理

資金管理/リスク管理とは、自分の資金を守る(口座を溶かさない)ための考え方です。

たしかに、資金を増やすという意味ももちろんあるのですが、負けている人はまずは利益追求のための『上手くやる』考えとは切り離して考えた方が良いと思います。

FXで損失額を決める(管理する)要素は次の3つです。ここでは分かりやすくするために、1ポジションの場合で書きます。

  • ロット ⇒ 1トレードあたりのロット
  • 損切幅 ⇒ 損切ピップス、または損切額
  • トレード回数 ⇒ 1日で何回トレードするか、何回の負けまでトレードするか

 

もう少し噛み砕くと、これにリスクリワードと勝率が加わります。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

どんなに優位性のある手法を学んでも、これらの要素が1つでも欠けているとFXでは勝てません。

 

これらを明確に自分のルールに落とし込み、それを守り続ける必要があります。

資金管理/リスク管理の考え方については、下の記事も参考にしてみてください。

 

【その他の関連記事】

 

チャート分析

チャート分析というと、インジケータや○○理論といったテクニカル分析を思い浮かべます。

ですが、デイトレードで勝つにはどんな手法を使おうが、チャートの向こう側にいる『相手の心理と行動』を考える必要があります。

特にデイトレードで見る短期チャート(5分足など)は、大衆心理の動きで形成されます。なので、その大衆が困るポイントに注目することで、相手の風上に立つことで有利にトレードができます。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

大衆については、『自分』と置き換えると分かりやすいです。

 

有名なダウ理論や様々なチャートパターン、水平線やトレンドラインといった分析についても重要ですが、それらは大衆心理の前提があって成り立つものです。

マーケットはトレーダーの売買(利確と損切、新規注文)でしか動かないので、トレーダー(大衆)の心理を読み解くのはFXのエッセンスとも言えます。

大衆心理を上手く利用したトレードの考え方については、下の記事に概要を書いていますのでチェックしてみてください。

 

 

おすすめトレード手法

ここでは、実際に私が使っているトレード手法についてご紹介します。

兼業トレーダーの方はニューヨーク時間(NY時間)でトレードする方が多いと思いますので、NY時間に特化した手法について下のリンクに纏めました。

NY時間で使えるトレード手法はこちら

※手法の考え方自体は、その他の時間帯(東京やロンドン)でも応用できるものとなっています。

 

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

また、一般的に勝つのが難しいとされるNY時間について、その特徴を踏まえた勝つための戦略を詳しく纏めました。

NY時間のトレードをメインにしている兼業トレーダーの方は参考になるかと思いますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

オリジナル無料特典【Check】

最後になりますが、当ブログ記事にプラスで『オリジナル特典(非公開記事)を読んで頂くと、更に理解を深めることができます。

この特典では、チャートの読み方・戦略が劇的に変わるトレード手法について公開しています。

★もちろんタダですので、こちらも参考にしてみてください!

 

 

おわりに

以上が、私が考える『兼業FXの勝ち方』です。

この記事が、少しでも貴方のトレードの手助けになれば幸いです。

なお、記事のご質問等あれば、お問い合わせからご連絡ください。可能な限りでお答えさせて頂きます。

ひろとっちゃ
ひろとっちゃ

みなさまのトレードが成功することを願っております。

コメント