【 NY時間の勝ち方、知っていますか?】

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!★
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を暴露します!

オリジナル特典はこちら

【損切の重要性】FX初心者の大負け原因はコツコツドカン!

メンタル・考え方
この記事は約3分で読めます。

みなさん、損切はできているでしょうか?

損切はトレードの基本ですが、心理的になかなか難しいですよね。

この記事では、そんな損切の必要性について、私の考えを纏めてみました。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

損切が生む苦痛と勘違い

いきなりですが、損切って嫌ですよね(私も大嫌いです)。

特に、自分が損切した後にポジっていた方向へ動いていくことって、たくさん経験してると思います。

本当にムカつく!

損切しなきゃ良かった!

確かに、そう思うのは自然です。

でも、その積み重ねが最後の大損に繋がっているんですよ。

なんで?

持っとけば、大体は勝てるし!

そうです。『大体』は勝てるんです。

損切が苦痛に感じるのは、この『大体は戻る』からなんです。この頻度が多いので、ルール通り損切しても苦痛になるんです。

だから、『損切なんてしなくてもいいと勘違い』してしまうんです。

 

でも・・・

損切の目的は、この『大体』のときではなく、『稀に起こる1回』のためにあるんです。

これを心から理解しないと、これからも苦痛は続き、損切に意味を感じることはできません

 

損切の必要性

繰り返しますが、損切は『稀に起こる1回』のためにあるんです。

損切できずにナンピンを重ねる人は(ルール範囲ならOKですが)、だいたい戻るので勝率は良いんです。

しかし、この1回の『戻ってこない相場』で大損し、近いうちに0になってしまいます。
※これが『コツコツドカン』というやつです(コツコツ勝ってドカンと負ける)。

そんなの今まで経験ないし!

安心してください、来ますので。

その時に、1回のトレードで全てを失います。

1年だろうが3年・10年だろうが、長く勝っていても1回で全て終わるんです。FXにはその力があり、損切はそれから資産を守るために必要になります。

 

もしFXが、損切できない制度なら、私はFXを絶対にやりません。

プロや熟練者は損切の重要性を理解しているので(過去に大損している人が多い)、大体はしなくてもいい損切をしっかりやるんですね。

FXの世界で長く生き残りたければ、苦しくても損切は必ずやりましょう。

おすすめはしませんが、損切をしないトレードスタイル(超長期保有)もあるので、そういう方への否定はしません。

 

まとめ

  • 損切は『大体』の時ではなく、『稀に起こる1回』の時に資産を守るために行う
  • FXには1回のトレードで全てを終わらせる力があり、それから逃れるには損切しかない

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント