NY時間の勝ち方、知っていますか?

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を公開!

オリジナル特典はこちら

【FXでリスクの抑え方】エントリー時とポジション保有中に減らす!

手法の考え方
この記事は約4分で読めます。

みなさんはトレードの中で、どうやってリスクを減らしているでしょうか。

まず、ロットを下げるということが考えられるかと思いますが、今回はそれを考えずにリスクを減らすことを考えてみます。

この記事では、ロットを下げずにトレードでリスクを抑える考え方について、簡単に纏めてみました。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

エントリーを引き付ける

まず、トレードにおいてリスクを抑えるには、2つの方法があると考えています(ロットを下げるのはなし)。

まず1つ目は、エントリーを引き付けるいうことです。

どゆこと?

損切ラインを予め設定して、そこに引き付けてエントリーすることでリスクは小さくなります(当然、利益も大きくなりやすい・・・損小利大の考え)。

それはそうだけど・・・

そこまで待てないもん!

そうですね。

大概の人は機会損失を恐れて、エントリーを引き付けることができません。

機会損失とは、トレードチャンスを逃すという意味です。

 

結果として、早めのエントリーが成功するケースも多々あるので、機会損失を素直に受け入れられないんです。

あ、あたしのこと・・・

トレードの基本は待つことです。エントリーを焦り大きなリスクを許容するなら、ノートレードの方が良いと思えるようになれば、リスクも限定的になってきます。

『勝ちたい』という欲だけではなく、『負けない』ことが重要です。

もちろん、どちらの考えが正解とかはありません。ある程度のリスクを許容できるのなら、積極的にエントリーすることは悪いことではないと思っています。

 

逆指値を建値に移動

リスクを抑える方法の2つ目としては、ポジション保有中の逆指値位置のコントロールです。

これは、ポジションが含み益の状態で使用できます。

どうしたら良いの?

簡単です。ポジションが含み益になったら、逆指値(決済)をエントリーしたところ(建値)まで移動させるだけです。

なるほど!

もう負けは無いってことね!

はい。ただし、これも賛否両論あるのは事実です。

 

小さな含み益だとすぐに決済に掛かってしまい、そこからまた思惑方法に伸びることが、頻繁に起きます。

※『ダウ理論通りに』とか言っても、デイトレードのような短期勝負ではノイズで(ヒゲ先で)決済されてしまうことは多いです(特にNY時間)。

 

どれくらいの利益(または利幅)となれば決済を建値に置くのか、納得できるやり方を考える必要があります。

でも、負けが無いのは魅力的

いずれにせよ、FXには正解はないので自分に合った(納得できる)やり方をする必要があります。

※ちなみに私は、20~30pipsを目安に逆指値を動かしています。

 

まとめ

  • リスクを抑えるには、①エントリーを引き付ける、②含み益の時に逆指値を建値に移動させる方法がある。
  • リスクの許容レベルは人により違うので、自分にあったマネジメントが必要である。

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント