FXデイトレードで勝ちたい方 必見!

【当ブログ限定★オリジナル無料特典】
多くの人が知らないトレード手法を公開!

オリジナル無料特典はこちら

NY時間トレード【第5弾】安全な順張り~大波の戻り売り~

8. トレード手法(ニューヨーク時間)

この記事は、NY時間のデイトレードに限定した解説記事です。

今回は第5弾として、大きなサイズの波における戻り売りについて解説してみました。なお、その他のトレード記事は下のリンクから見れますので、興味がある方は後で読んでみてください!

NY時間で使えるトレード手法10選はこちら

 

ひとえに戻り売りといっても、波のサイズによってエントリーの考え方は大きく変わります。戻りが強い場合、中途半端に値ごろ感でエントリーすると含み損がどんどん拡大していきますよね(短期的には逆方向のトレンドが出ているため)。

しかし、大きな流れの方向に順張りしていることもあってバイアスが掛かり損切がしにくく、ずるずると引っ張られて「もう耐えれない!」と損切してから反転するなんて経験は多くの人があるのではないでしょうか。

ほんと、私が切ってからじゃないと順方向に動かない!

なんか良いやり方ないのかぁ・・・

 

せっかく方向感が合っているのに、エントリーのタイミングが悪いと負けてしまうというのがデイトレードの難しいところです。やるせない気持ちになりますよね。

ですので、今回は大きな波に順張り(戻り売り)する際のコツについて書いてみました。参考にして頂けると嬉しいです。

※ここで、大波の定義は5分足チャートで確認できるレベルで考えたときのものです。

 

トレード準備

トレード解説の前に、トレード条件と環境認識の方法について整理しておきます。なお、他のトレード解説記事も同様の記載ですのでご容赦願います。

当ブログ内の他のトレード解説記事をご覧になったことがある方は、チャートが掲載されたページ(←click)まで読み飛ばして頂いて構いません!

 

トレード条件

①トレード時間:NY時間の午前中(厳密ではなく、日本時間の21~24時あたり)

⇒ サラリーマン兼業の方のメインのトレード時間であるため。

 

②通貨ペア:ポンド円

⇒ ボラティリティも大きく、短期トレンドでも十分に利益が狙える。また、テクニカル分析が効きやすい。

 

③トレード時間足:5分足

⇒ 5分足の波に乗ることが、短時間のデイトレードでは最も効率的。なお、分析のため長期足も確認しますが、これは目立つ直近高安値を見る程度。

 

④インジケータ:20EMA、MTF-MA(1時間足の20EMA)

⇒ これは参考程度なので、数値は任意でOK。その日の大きな流れを把握するのにMAは視覚的に分かりやすい。

 

⑤サポート/レジスタンス:長期足の高安値(主に1時間足)

⇒ レートの反転場所、行先の目途を付けておくことは重要。リスクリワードを考える上でも必要なラインとなる。

 

⑥ある水平線:詳細は非公開

⇒ 私の中で、NY時間のトレードでは最も重要なラインと言える。

 

環境認識の方法

トレードを行う前に必ず行うのが環境認識です。ここでは、毎回同様に次のことを確認します(ここも他の解説記事と重複しますが、大事なのでご容赦願います)。

①当日の目線(トレンド or レンジ)

トレンドの定義はダウ理論がありますが、いったん置いといて、シンプルに5分足レベルで綺麗に方向感が出てるか出ていないか(=レンジと判断)を見てください。これは、MAなどの視覚的なものでOKです。

 

ある水平線との位置関係

ある水平線に対し、値動き(反応性)がどうなっているかを確認します。

 

③サポート/レジスタンスとチャートの位置関係(長期足の直近高安)

主に1時間足の直近高安(実体 or ヒゲ先)までの距離(=獲れる幅)を確認します。サポレジ到達後はチャートが反転することが多いので、トレードを控えるか逆張りの意識を持ちます。

 

環境認識って、トレード前の儀式みたいなものだよね?

そうですね、トレード前には必ず行うよう習慣付けておきましょう!

では、実際のチャートでトレード解説を行っていきます。

 

トレード解説

トレードの前には必ず環境認識を行う必要があります。先ほど書いたやり方で、簡単に環境認識をしていきましょう。

 

環境認識

【2020年11月27日 ポンド円5分足】

 

①当日の目線

⇒ 東京時間ではレンジを形成していましたが、ロンドン時間で大きくレンジをブレイクして下落しており、戻りを付けているような状況です。MTF-MA(1時間足の短期MA)も綺麗な下降を継続させており、明らかな下落相場という認識ができます。

NY時間で戻り売りが決まり更に安値を更新していくのか、下げ止まって再度レンジ内に戻って揉むような展開になるのか、といった状況です。

素直に下落してくれれば、長期足(1時間程度)の方向に沿って大きな利益が狙えるような相場状況だと思います。

 

ある水平線(ライン①、②)との位置関係

⇒ 東京時間についてはライン①、②との絡みはなく、ロンドン時間でライン①を明確にブレイクしています。一方、ライン②までは一気に下落することなく戻されています。

また、戻りはライン①でしっかりと反応して再度下落を試みましたが、安値更新できずにライン①を上抜けています。そして、上抜け後はライン①に支えているような状況です。

細かいですが、俗にいうレジ→サポ転換が起こっていますね。

『ある水平線』は強力な転換ラインになることが多いので、今回のケースではライン①を再度上抜けした(更に支えられた)時点で、短期的な目線は上になります。

※この時点で売りポジションを持っていたら、決済を考えるような指標としてこのラインを使うこともできます。

 

③サポレジ(長期足)との位置関係

⇒ この付近に長期足(1時間足や4時間足)で確認できる目立つ高値・安値はなかったので、長期足チャートは割愛させて頂きます。このケースでは、5分足だけに集中してトレードできる環境と言えます。

東京時間で止められていた安値帯は前日の安値です。ロンドン時間に明確にブレイクしていますので、サポ→レジ転換する候補のラインとなります。

※ただし、前述したように短期的な目線は上ですので、このラインに来たから売るという安直な考えは危険です。短期的にも売れる状況になるまで「待つ」ことが重要かと思います。

 

 

これで環境認識が完了です。

環境認識と聞くと、難しく分析することを考える方も多いかと思いますが、この程度で問題ありません。複雑ではなくシンプルに考えることが大事です!

では、続いてこれを基にトレード戦略を立てます。

 

トレード戦略(エントリー&エグジット)

上記で環境認識が出来ましたが、これだけではトレードでは勝ちきれません。特にデイトレードでは、戦略が非常に重要だからです。

戦略は各個人によって自由ですので、「何が正解」というのはありませんが、私ならこう組み立てる、というのを以下に書いてみました。みなさんも、一度考えてみてください!

では、まずは心理から考えてみましょう。

 

~ 心理 ~

①MTF-MA(1時間足の短期MA)も下降を継続している中で、ロンドン時間の大きな下落からの戻りなので、どこかで売りたい

②前述のように、下げ止まった後にライン①を上抜けしているので、すぐには売れない

※同様に、前日安値かつ東京時間で意識されたラインでも売れない。

③大きな流れは明らかに下なので、短期的にも逆張り(ここでは買い)はしたくない

④結局レンジで終わるかもしれないので、戻り売りが入ったのを確認してからは売りたくない(売るのが遅いのでリスクリワードが悪くなる)。

 

このような心理です。

シンプルに戻り売りを狙いたい局面ですが、波のサイズも大きく戻りも強いため、売るための根拠探しが肝となります。一方で、売るための根拠を待っていたら売り遅れる恐れもあるので、機会損失の観点からも難しい局面と言えます。

いつ売ったらいいのかなぁ。

まさか、このパターンも例のアレなの?

毎回のことでもう飽きてしまったかもしれませんが、その通りです。

売りの条件は、ライン①の下抜けとなります。

 

5分足の実体でライン①を再度下抜ければ、短期的にも目線が下になり売れる条件が揃うことになります。下落してもライン①で止められ、そこから上昇に転じる可能性も十分にある局面ですので(このラインでのレジ→サポ転換が確認できているため)、ここを抜けるというのが強い根拠となります。

なお、NY時間でのこれらのラインの効きは非常に強く、インを抜ければ次のラインへ到達する傾向があります。長期足の方向と重なれば尚更です。

 

本チャートであれば、ライン②までの距離(=抜き幅)が十分にあるので、ここからでもエントリーは遅くないと判断できます。

でも、これだと損切が遠くない?

直近の高値だよねぇ?

確かに、ダウ理論的には直近高値ですね。

ですが、今回はライン①を活用しましょう。

今回のケースでは、度々書いていますがライン①が良く効いているので、ここを再び明確に上抜けされた時点で、やや危ない状況となります。これは、損切を検討してもよい状況ということです。

よって、直近高値に到達する前にライン①は当然超えることになるので、そこまで含み損に耐える必要はないと判断できます。

 

なので、こういう時は短期MAの抜けを損切の目安にすると良いです。

なるほど、それだったらリスクリワードも良いよね。

また、エントリーについてはライン①のブレイクに乗り遅れるという機会損失の恐怖を解消するために、分割エントリーを戦略に入れておくと良いかと思います。

例えば、ライン①の下抜け(確定で)1発、ライン①への戻りで1発、短期MA抜けで損切といったような感じです。

なお、利確のターゲットはライン②になりますが、ロンドン時間の下げを食い止めた当日安値も気になるので、その辺りで分割決済をして確実に利益を積み上げるという方法もアリだと思います。

 

 

以下、実際のチャートです。

結果、かなり上まで戻りが入って(それも最後の噴き上げはキツイ・・・)、しばらく揉んで下落に転じていますね。おそらく、適当に戻り売りをした場合は急騰の勢いもあるので厳しいトレードになったのではないかと想像できます。

なお、ライン①を下抜けしてから一度戻りが入り、ライン②にしっかりと到達しています。これはいつも通りの動きですね。

すこーし、ライン①を上抜けてるけどねw

ですね。

こういう微妙な場合に対応する意味でも、短期MA抜けでの損切は有効です!

※ただし、今回は「明確な抜け」とは見えない。

 

NY時間なだけあって、ライン①を下抜けてからの下落はかなり早いです。こんな波を獲るのがデイトレードの理想と言えますし、丁寧に分析すれば実際に獲ることもできます。

波のサイズが大きい相場ではボラティリティは出やすいので、エントリーが遅すぎるということはなく、条件が整うまで待つことが重要なこととなります(損切も小さくて済む)。焦って値ごろ感でエントリーして負けるくらいなら、待った結果ノートレードの方がマシだと思います。

ラインでの反応性と相場の方向感、エントリーのトリガー、ターゲットプライスまでの距離(期待値)をしっかりと理解した上で、トレード戦略を立てることが勝つために必要なことだと思います。

 

 

今回は、解説のために綺麗なチャートを選定しましたが、このラインの傾向は他でも頻繁に見られます反発するゾーンだけでなく目的地の目安が分かるので、安心してトレードができます(リスクリワードも非常に考えやすいです)。

このような感じで、このライン(ある水平線)を使い環境認識しトレード戦略を組み立てると、チャートがとてもシンプルに見えるので、是非オススメです!

 

★『ある水平線』が気になる方!

恐縮ですが、このラインの詳細は本ブログのオリジナル無料特典非公開記事)とさせて頂いております。下記のリンクに無料特典について紹介していますので、是非チェックしてみてください。

これは私も長年使っているラインで、特にNY時間での反応性が良いので、兼業トレーダーの方は参考になるかと思います!

 

 

~ おわりに ~

兼業トレーダーがFXで勝ち続けるには、少し特別な思考が必要だと考えています。

ですが、多くの人は世の中の情報に惑わされ『正しい兼業の勝ち方』を知らないと思っています。

そこで、下の記事に兼業トレーダーの『FXの勝ち方』をコツ9選として纏めました。本気で勝ちたい方は、ぜひ後で読んでみてください!

コメント