FXデイトレードで勝ちたい方 必見!

【当ブログ限定★オリジナル無料特典】
多くの人が知らないトレード手法を公開!

オリジナル無料特典はこちら

【指値注文のコツ】NY時間はピンポイントでエントリー!

7. ニューヨーク時間の勝ち方

みなさんはトレードするときの注文方法で、何をメインに使用していますか?FXにおける注文方法は数多くあり、それぞれに使い方次第ではトレードを非常に有利に行うことができます。

今回はその中で、エントリーに使用する指値注文について、デイトレード(特にNY時間)で使う際のコツを解説してみました。

ここで各注文方法(その考え方)は、値動きの激しいNY時間(またはロンドン時間)で戦う上でとても有効だと思いますので、是非最後まで読んでみてください。

なお、指値注文とは何かということについては割愛させて頂きますので、ご容赦願います。

 

指値注文のメリット

まず最初に、指値注文のメリットについて整理してみます。ただし、今回はあくまでデイトレードに焦点を当てて考えていきますので、「チャートを見ていない時(仕事や寝ている間)にも発注できる」ということはメリットとして挙げないこととします。

私、いつも成行だからなぁ。

指値ってあんまり使わないんだけど・・・

確かにデイトレでは成行注文が多いですよね。

ですが、武器が1つでも多くあるのは有利ですので、一緒に考えてみましょう!

 

メリット①:エントリーが引き付けられる

トレードは常に機械損失(エントリーできなかったら嫌だ!の気持ち)との戦いなので、自然とエントリーが早くなり、リスクリワードが悪くなってしまいがちです。結果、本来エントリーしたかった場所でナンピン!なんてことは多くの方が経験があるのではないでしょうか。

あ、これ私の得意なやつだw

そこで、エントリーの場所を事前に決めて発注(指値注文)しておけば、約定すればその心配はなくなります。損小利大とはよく言いますが、まさにそれが可能になる注文方法と言えますね。

損小利大は投資の基本ですが、デイトレードにおいては必須ではないと考える方もいますので(私もどちらかというとその一人です)、上手く聞いて頂けると幸いです。

 

メリット②:無駄なトレード(負け)が減る

これも上記とやや重複しますが、自分が納得するポイントまでエントリーしないので、機会損失の恐怖に負けたトレードをすることがなくなります。結果、欲に負けた余計なトレードが減るので、勝率・リスクリワード共に改善されやすくなります。

負けるわけじゃないから無理にトレードしなくてもいい!という心理状態になると、自然と勝てるようになる人も多いのではないかと思います。

 

メリット③:指値まで待つだけなので楽

デイトレードというと、エントリーポイントを逃すまいとマウス片手にずっとチャートに張り付いて監視するイメージがありますが、これでは精神的にかなり擦り減りますよね。確かに、デイトレードはエントリータイミングで勝敗が決まると言っても過言ではないですが、血眼になってまでトレードしていては集中力も落ちて全体も見えず、心身ともに健全ではありません。(これで結果が良くはなりませんよね)

分かる!目先の値動きばっかり追いかけて、疲れたのに結果負けた時とか何やってんだろうって思う・・・

チャートに張り付けば勝てるわけではありませんからね。

 

この点、指値注文であればそこまで張り付く必要もなく、定するか否かを見ていれば良いので非常に楽な心理状態になります。

当然、チャートの形状次第では指値注文を適切な場所に変更することはあるので、まったく監視しなくてもよいということではありません。

 

ポジション保有中のメンタルが安定する

ポジションを持っていれば、含み損や含み益でメンタルが揺らぎますよね。

結果、損切りラインをずらしたり、チキン利食いをしたり、ルール違反のナンピンをしたり・・・人間はデタラメな行動をとってしまいます。

プロスペクト理論ってやつね?・・・

自らを制御できない人は、チャートを見ていればこれらの可能性が上がります。

特に、多くの人が大負けする原因でもある、『奥義:ナンピン&損切ずらし』はFXでは大罪です。いつか必ず、深い傷を負います(マーケットは容赦しません)。

指値・逆指値注文はトレーダー心理に関係なく執行されますので、こういった可能性を完全に排除できます。

メンタル的に不安定で制御しきる自信がないと思う方は、有効に使ってみると良いと思います。

 

以上が大まかな指値注文のメリットかと思います。では、次にデメリットについても考えてみましょう。

 

指値注文のデメリット

当然ですが、メリットがあればデメリットもあるので、ここではそれらを整理してみたいと思います。

 

デメリット①:もう一歩でチャンスを逃す時がある

エントリーを引き付けることは素晴らしいことですが、指値まであとほんの少し!のところで約定せず、そのまま思惑方向へレートが動いてしまったときは、悔しい気持ちになります。

そうだよね。

あと1pipsで約定したのに!ってときは、さすが嫌かも・・・

これは指値までのピップスにもよりますが、納得できる機会損失であれば問題ないのですが、後悔の念が残ると次回以降のトレードにも悪影響を及ぼしかねません。

また、「感覚的に」過去の経験から「これはいける」と思ったときでもトレードが出来ないので、臨機応変さで考えるとデメリットになると言えます。

こういうときは成行注文の方が良いと考えるのが普通ですが、それでも当然勝率は100%ではないので、それぞれのリスクをよく考える必要がありますね。

 

デメリット②:状況の変化に対応するのが難しい

一度指値注文をしてもチャートはどんどん動いていきますので、それに合わせて適切な指値位置へ変更する必要があります。これは慣れもありますが、最初のエントリーポイントに固執しすぎるのも良くありません。

デイトレードですので、値動きに応じて柔軟な対応が重要になってきます。

 

以上が指値注文のデメリットかなと思います。どんな注文方法にも(当然、手法やルールにも)メリットとデメリットがあるので、両面をよく考えて自分に合ったものを選択していく必要があります。

まぁそうだよね。

でも、指値注文を具体的にどうやって使ったらいいか教えてよ!

はい、それではNY時間に着目して、「その時間ならではの特性」に応じて使い方を書いてみます。

 

指値注文のコツ

上記で指値注文について整理してきましたが、ここからはその使い方(指す場所)について書いてみます。

本ブログは兼業(特にサラリーマン)トレーダーが主戦場とするNY時間のデイトレードに焦点を当てて書いていますので、NY時間(日本時間の夜)での使い方について解説していきます。

 

まず、大前提として非常に重要なことですが、NY時間では「大衆のストップを付けにくることが多い」がキーワードになります。

それはよく聞くよね。

それで、どういうこと?

つまり、教科書的に意識されるライン=大衆の損切注文が密集しているということなので、そこに向けてチャートが動くケースが多々あるということです。そして、損切を狩った後(ポジションを清算した後)、逆方向に大きく伸びていく傾向があります。

んー?

だから何なの?

要するに、損切ポイント=エントリーポイント=指値ポイントとなります。

特にNY時間で指値注文するときは、教科書的な損切ポイントに指すと非常に有効です。ここで言う「教科書的な損切ポイント」とは、下記のようなポイントです。

  • トレンド相場 ⇒ ダウ理論のラス押し、ラス戻り
  • レンジ相場 ⇒ 当日(もしくは直近)の高安値

 

これは自分がいまポジションを持っていたら「教科書的に=理屈的に」損切する場所で、短期的な値動きに対して逆張りするということになります。

あくまデイトレードレベルでの話ですが、トレンド相場ならトレンドの定義が崩れるポイント、レンジ相場ならブレイクアウトのポイントで指値注文を出しておくと、ヒゲを残してピンポイントでエントリーできるケースが多々あります。

なるほどねぇ。

逆の思考ってことか!意識してみよっと!

当然、そこをターニングポイントとしてチャートが転換したりブレイクすることもあるので、見極め・検証は必須ですが、こういった意識で指値注文を使うと(もしくはその意識を持つと)NY時間で戦いやすくなると思います。

教科書的な基礎は当然必要ですが、デイトレードは騙し合いの世界なので、少し意識してみると良いかと思います。

 

まとめ

  • 指値注文にはメリット、デメリットがそれぞれあるので、両面をよく考えて自分に合った選択をする。
  • NY時間の指値注文ポイントは、教科書的な損切ポイント。

 

~ おわりに ~

兼業トレーダーがFXで勝ち続けるには、少し特別な思考が必要だと考えています。

ですが、多くの人は世の中の情報に惑わされ『正しい兼業の勝ち方』を知らないと思っています。

そこで、下の記事に兼業トレーダーの『FXの勝ち方』をコツ9選として纏めました。本気で勝ちたい方は、ぜひ後で読んでみてください!

コメント