【 NY時間の勝ち方、知っていますか?】

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!★
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を暴露します!

オリジナル特典はこちら

【トレード記録の意味】FXで勝つための有効な書き方は?

メンタル・考え方
この記事は約4分で読めます。

みなさんは、トレードの記録をいつも付けているでしょうか。

ノートを書いたりパソコンで纏めたり、記録の仕方は様々だと思います。

しかし、その記録を有効に利用できているでしょうか?

この記事では、トレードを上達させるためのトレード記録の有効な書き方について、私の考えを書いてみました。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

トレード記録の意味

いきなりですが、トレード記録は何のために書くのでしょうか。

もちろん、FXで勝つためなんですが、もう少し具体的に言うとどうでしょうか?

確かに・・・

なんで記録を付けると勝てるようになるんだろう。

勘違いしてはダメですが、

無意識に記録しても勝てるようにはなりませんよ

えーっ!

なら私の記録は意味ないのかも・・・

記録の大事なポイントは、

一言でいうと『自分を知ること』にあります。

記録を付けて、ある程度の期間で振り返ると、負けパターンや勝ちパターン、エントリーや決済の癖が見えてきます。

例えば、買いより売りの方が勝率が悪いとか、この時間は苦手とか、この形は負けやすいとかです。

人間は同じことを繰り返す癖があるので、記録として自分の癖を客観的に分析することで、その癖を明らかにすることができます。

 

なるほど!

負け癖を見つけて、治すために記録をとるのね!

自己分析により、負けトレードを減らすだけでも成績は向上すると思います。

その中で、自分の『鉄板パターン』を見つけて極めることで、更にトレード結果は向上します。

私は、トレード記録はこのように使うのが正しい使い方だと思っています。

なので、自分を知るための正しい記録の書き方について、次に纏めてみました。

 

有効な記録の仕方

まず、記録を付ける上での前提として、手法を1つに絞った方が良いです。

見るポイントが多いと細かな分析が大変なので、まずは得意な手法・パターンだけで記録してみてください。

※感覚的に、よく勝ってるなぁとか、これなら自信がある、のようなものを思い出して絞ってみてください。

 

んー、私が得意なのは押し目買い!

それも東京時間!

であれば、まずは押し目買いをした時の記録だけを集めてください。

具体的に、何を記録した良いの?

できれば、チャートは貼りたいですね。

少なくとも、エントリーと決済ポイント、ロットは記録する必要があります。

そして重要なのは、それらを実行した『根拠』を詳しく書いておくことです。

※自分の癖を知るには、その時にどう思って、その行動をしたのかを記録しておく必要があります。

このチャートの形・条件の時は、こう思う傾向がある、と知ることはとても大事です。感じたことを、理由と共にできる限り詳しく記録してください。

 

こうやって見ると、

私はいつもエントリーが早い!

それが自分の悪い癖なので、解決するには『待つ』ということを意識するべきですね。

※待った結果、仮にトレードチャンスを逃したとしても、トータルの成績は良くなるはずです。

負け要素をなくすことは、本当に効果的です。

 

また、自分の癖を分析したら、その解決策を明確に決めて(ルール化して)実行する必要があります。決めたルールを守れなけば、意味がないですからね。

更に、記録には新たに決めたルールの達成可否を書くのも良いと思います。

これは、単純にルールを守れたか、守れなかったかの結果を書くだけです(〇・×でもいい)。

自分で決めたことを守れたという自信は、とても価値のある財産になります。

 

まとめ

  • トレード記録は、自分の癖を知り、対策を考えて(ルール化して)解決するためにある
  • 記録には結果だけでなく、その時の心境も詳しく書いておくことが重要
  • ルールの達成可否を記録すると、自信に繋がる

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント