【 NY時間の勝ち方、知っていますか?】

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!★
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を暴露します!

オリジナル特典はこちら

【ドテンの注意事項】FXデイトレードで往復ビンタは致命的!

手法の考え方
この記事は約4分で読めます。

トレードにおいて、損切が重要であることは知っていると思いますが、損切後のトレードはどうしているでしょうか?

みなさんは、当初のエントリー方向と逆にエントリーする『ドテン』をしたことがあるでしょうか。

この記事では、ドテンの注意事項と正しいやり方について、私の考えを書いてみます。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

ドテンの危険性

まず、ドテンをする状況というのは損切の後ですよね。

つまり、多くの人は頭が熱くなっていて、判断力が通常よりも鈍くなっていると思われます。

なんだ、そっちに伸びるの?

なら損切して付いていかなきゃ!

このように、負けをすぐ取り返そうとして目先の動きに惑わされてしまいます。

※当然、その選択が正しい場合も多々あるとは思いますが・・・

 

あっ!また逆なの!?

損切しないと・・・もーイライラする。

こうやって、また逆に相場が動いて損切になるのを『往復ビンタ』と呼びます。これは辛いですね。

損切すること自体は悪くないことですが、相場がレンジの場合、ドテンすると往復ビンタでボコボコにやられます

全て自分の逆に動くような感覚になり、もう精神が崩壊していきますよね。

 

こうなるともう手遅れで、気付いたときには大損しています。

それと共に、当初のポジションを持っていれば負けていなかったのに・・・という悔しさが込み上げてきます。

ドテンはナンピンと同じように、一連のトレードの中で全てを失うリスクがあるんです。

私、怖いことしてたんだ・・・

ドテンは有効な手段ですが、軽い気持ちで焦ってエントリーすると後悔するケースが多いと思います。

ドテンを正しく利用するには明確なルールが必要ですので、それについて解説していきます。

 

ドテンをする時の注意事項

上記でドテンの危険性がお分かり頂けたかと思いますが、ドテンは有効に使えばとても魅力的な戦略だとも思います。

うまく使えるようになりたい!

では、まず最低条件として以下を明確に決めて、ルール化してください。

  • ドテンする時のロット
  • そのときの損切幅
  • ドテンして更に負けた場合の対応(ドテンしてもいい回数)
ドテンの1番のリスクは往復ビンタです。というか、往復ビンタの後のメンタル崩壊が招くデタラメな行動です。

※熱くなり、すぐに取り返そうとハイロットで連射する・・・崩壊ですよね。

 

怒りのスイッチが入ったら、もうダメってことね。

それは絶対に避けるべきです。

なので、ドテンは1回までとした方が良いと思います。

ドテンをする場合、往復ビンタのリスクは不可避なので、そうなった場合の対応を明確にルール化しておく必要があります。

 

それで、どういう時にドテンしてもいいの?

少なくとも、相場の方向がはっきりと決まる『根拠』が必要だと思います。

※例えば、重要な節目(ダウ理論の転換点や注目されているレジサポライン)を超えたから、のようなものです。

 

1発目のトレードから、

ドテンの戦略も想定しておくのが良さそうね!

どこでどうなったらドテンするのか、

具体的に戦略を考えておくのは大事だと思います。

自分の中で、明確に逆方向と判断できなければドテンするべきではないです。ドテンする際は1度『間をおいて』、ノーボジでもそこでエントリーできるかを考えるべきです。

 

※繰り返しますが、ドテンには大きなリスクが伴います

ルールを守れない方は、ドテンにより大損する可能性が高いので、控えた方が無難だと思います(おすすめはできません)。

 

まとめ

  • ドテンは有効な手段ではあるが、明確なルールと具体的な戦略がないと危険(往復ビンタで怒りのスイッチが入るとアウト)
  • ルールを守れなければ大損に繋がるリスクがあるので、おすすめはしない

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント