【 NY時間の勝ち方、知っていますか?】

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!★
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を暴露します!

オリジナル特典はこちら

【指値のメリット】サラリーマン向け!兼業FXの注文方法!

手法の考え方
この記事は約3分で読めます。

サラリーマン・兼業トレーダーの方は、どのような注文の仕方をしていますか?

全て成り行き注文でしょうか。

この記事は、時間の無い兼業トレーダー向けに、指値と逆指値を使ったトレードについて簡単にメリットを書いてみました。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

常にチャートを気にしなくていい

指値・逆指値を使った注文の一番のメリットは、常にチャートを見なくても良いということかと思います。

兼業だと、ずっとは見れないからね。

前日の夜や当日の朝、チャート分析をして発注しておけば、兼業でも日中のデイトレができます。

これなら、チャンスを逃さなくてもよさそう!

チャートを見なくても良いので、値動きに振り回されることもなく、心理的に安定してトレードができるのもメリットの1つだと思います。

 

良いポイントでエントリーできる

注文が執行されれば、あらかじめ自分が指定したポイントでエントリーすることになるので、良いポジションとなる可能性が高いと言えます。

確かに、チャート見てると焦ってエントリーしちゃうかも。

チャンスのポイントは分かっていても、値動きに翻弄されて待てないことも多いと思います。

想定通りにポジションを持てれば、損切ラインに引き付けられる分、リスクリワードも良くなります。

トレードできる時間に限りがあると、『チャートを見たときがチャンス』かのように思い込んでエントリーを焦ってしまい、負けに繋がることは多いと思います。

 

わずかに注文ラインに掛からず利益方向へ動いてしまったときは、悔しい気持ちになりがちですが、無駄なエントリーも激減するのでポジポジ病の治療にもなります。

※ポジポジ病は、FXで大負けする原因の定番です。絶対に完治が必要です。

 

ポジション保有中のメンタルが安定

ポジションを持っていれば、含み損や含み益でメンタルが揺らぎますよね。

結果、損切りラインをずらしたり、チキン利食いをしたり、ルール違反のナンピンをしたり・・・人間はデタラメな行動をとってしまいます。

プロスペクト理論ってやつね?・・・

自らを制御できない人は、チャートを見ていればこれらの可能性が上がります。

特に、多くの人が大負けする原因でもある、『奥義:ナンピン&損切ずらし』はFXでは大罪です。いつか必ず、深い傷を負います(マーケットは容赦しません)。

指値・逆指値注文はトレーダー心理に関係なく執行されますので、こういった可能性を完全に排除できます。

メンタル的に不安定で制御しきる自信がないと思う方は、有効に使ってみると良いと思います。

 

まとめ

  • 指値、逆指値注文は、時間のない兼業トレーダーには有効な手段
  • 注文が執行されれば、リスクリワードも良くなり、またトレーダ心理も排除できるためポジポジ病対策に有効

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント