NY時間の勝ち方、知っていますか?

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を公開!

オリジナル特典はこちら

FXにおける自分の相場感を磨いていこう!そのためのコツとは?

その他
この記事は約7分で読めます。

FXでは、100%の利益を狙うことは難しいです。

感覚で投資して、上手くいくこともあれば、一生懸命分析してエントリーしたけれど、残念ながらタイミング悪く勝てない場合もあるかもしれません。

いずれにしても自分が行う取引ですから、勝ちも負けも自分で納得した結果を得たいものですね。

そういう意味では、相場感を磨くことは大切です。

また、サラリーマンの方々が兼業として利用するFXにおいて、自らの勝率を上げていくためには自分自身の相場観が正しかったのか、間違っていたのかを、検証機会を持つことも重要です。

それらの検証が後に活かされるように思うのです。それが相場観を磨くことに繋がると思います。

相場観に磨きがかかれば利益を得やすくなります。

 

この記事ではFXにおいて相場感を磨く方法とコツを紹介します。相場感を磨くためには3つのトレンドが非常に重要です。これから詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

相場感を磨くとは?

FXで勝ち続けるためには相場感を磨かなければいけません。しかし、相場感を磨くためにはどうすればいいのでしょう。

トレード法で磨く

相場感はトレード法で磨くことができます。トレードではデイトレード 、チャート分析、トレンドに乗る、ファンダメンタルズでの利益を意識すると良いでしょう。

これから、デイトレード 、チャート分析、ファンダメンタルズについて説明します。トレンドは後から説明を加えたいと思います。

まずは、デイトレードです。デイトレードは1日の中で何度も取引を繰り返す方法で、スキャルピングとも呼ばれています。中でも、スイングトレードという手法がありますが、数日間ポジションを保有して中期的なトレードを行います。スイングトレードは利益が確定するまで時間がかかるため、精神的に厳しいです。

そのため、デイトレードをするときは中期的に保有せず、短期的なトレードの方が良いとされており、勝率が高いといえます。数日単位でトレードすることで大きな利益を出せそうな気がしますが、相場は上昇トレンドや下落トレンド、レンジ相場があり、毎日の積み重ねで1週間の相場が決まるので、結局は1日単位の短期トレードの方が相場を把握しやすいのです。

また、トレードを積み重ねていく上で、短期的な相場を把握していき、段々と相場感が磨かれていくと、長期的なトレードへ踏み出せるようになります。

次は、チャート分析です。チャート分析は過去のデータを基に未来を予想します。トレードはチャートの分析をしてこそできるもので、トレーダーは過去のチャートの値動きを分析しています。

チャート分析で分かるのは、上昇相場や下落相場です。これらはトレンドラインやサポートライン、レジスタンスラインなどで分かります。

チャートの分析がうまくできるようになると相場感が磨かれます。チャートの分析はできる限り毎日同じ方法で行うのが鍵です。毎日同じ方法だと容易に行えるようになり、パターンを把握できるようになります。

3つめは、トレンドに乗ることです。FXはトレンドに乗ってこそ利益を多く得られる投資で、他のトレーダーが買っているのに自分だけが売っても損失を招きます。とはいえ、周りの人に合わせすぎるのも損を招くので、大衆心理をうまく利用しなければなりません。

トレンドに乗る方法は、周りのトレードを気にしつつ、トレンドラインやサポート・レジスタンスラインに注意を払うことです。

4つ目は、ファンダメンタルズでの利益です。ファンダメンタルズは専門家が分析した予測で、新聞やネットで見ることができます。ファンダメンタルズでは価格の動きを予想してくれるので、トレードをする上で役に立ちます。とはいえ、必ずしも正しいわけではないので、あくまでも参考という程度にしておきましょう。

3つのトレンドを理解する

相場感を磨くためには、3つとのトレンドを理解しなければいけません。トレンドは、3つしかなく、次の通りです。

1,上昇トレンド

上昇トレンドはチャートの流れが上昇しているパターンです。ローソク足の安値と高値が切り上がっていき、チャートは右肩上がりの形になります。上昇トレンドは価格が上がっていくので、安く買って高く売ることができ、利益を上げられます。

2,下降トレンド(下落トレンド)

下降トレンドはチャートの流れが右肩下りになるパターンです。価格は徐々に下がっていき、高く売って安く買い戻すことで利益を上げられます。

3,レンジ相場(もみあい)

レンジ相場は3つのトレンドの中でも一番多いパターンであり、価格は狭い範囲で上下に動きを繰り返します。上昇も下落もしないことが多いです。

レンジ相場は上昇トレンドか下降トレンドのどちらかが起こる前触れでもあるので、この間にトレード戦略を立てて備えることができます。戦略を立てることでトレード方法が形になるので、なんとなくトレードすることが減り、勝率が上がります。

相場は3つのトレンドの必ずどれかの状態です。一度上昇したらレンジトレンドになったり、レンジトレンドになったら上昇又は下降トレンドになることが多く、これを利用してうまくトレードするのがいいです。トレンドの把握を徹底的にすることで勝率が上がり、利益を出せるようになるので、必ず理解するようにしましょう。

 

3つしかない値動きの傾向ですね

t2yacool
t2yacool

はい、ここで注意したいのは、あくまでもトレンドのことです。
上昇トレンド、下降トレンド、そしてもみ合いと大きく分けて、この3つになります。
値動きの連続で、チャートが形成されて、それらを繋いでいくと、しっかりとしたトレンドが見えます。

 

時間を確認する

時間を確認するとは、FXの時間足のことをいいます。FXのチャートに出てくる時間足は、一定期間の最初から最後までの値動きです。チャートの中央の太い線は時間内の始値と終値を表しており、両端はそこから外れた最高値と最安値を表しています。例えば、5分足は5分間の値動き、日足は1日の値動きです。

時間の種類は、FXでは短いものから長いものまで様々で、FX会社ではアプリによって指定できる時間の種類は違います。種類は主に次のようです。

・1分足
・5分足
・15分足
・30分足
・1時間足
・4時間足
・日足
・週足
・月足

このように数多くの種類がありますが、自分が指定した時間足をチャートで確認することができます。また、時間足によって値動きやトレンドのタイミングが異なり、日足は1時間足が24本まとまっているので、長期的な投資に向いているのです。

FXの時間足はたくさんありますが、相場感を磨く上では次の4つが特におすすめです。

・4時間足

4時間足は長期トレンドを把握できるので売買のタイミングを見極めやすいです。4時間足はスイングトレードで多く用いれられており、4時間足から入ったあとは徐々に長期の時間足を交えながら取引のタイミングを伺います。

・1時間足

1時間足はFX取引において非常に重要であり、直近1週間のトレンドを掴みやすいです。4時間足だとトレンドが掴みにくく、1時間ごとがちょうど良い感じになります。

・15分足

FX市場で前日から当日にかけて確認したい場合は15分足がおすすめです。直近のトレンドを瞬時に把握でき、下降から上昇のような変化もすぐに掴めます。また、長い目でトレンドを見たいときは30分足もよいです。30分足は日本時間の深夜から早朝までの動向を見る上で適しています。

・5分足

5分足は直近数時間のトレンドを確かめる上でおすすめです。指値注文でも5分足が多く使われており、区切りの時間が短いほどチャートのレートが細くなるので、正しい価格での取引がしやすいです。

まとめ

  • FXは最終的には自己判断で「買い」「売り」を判断すること
  • 相場観を磨くためには、値動きには3つのトレンドがあるということを知っておきましょう
  • 100の教えよりも1つの経験です。実際にトレードをすることで得られることはとても多いです。
  • チャート分析、ファンダメンタルズをうまく利用しつつ、相場観を磨き勝率をあげていきましょう。

 

↓ ↓ ↓こちらは重要なリンクで、兼業トレーダーの方には是非読んでほしい内容です

『NY時間の手法』兼業はNYで勝つしかない!

 

 

冒頭でも書きましたが・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です。

 

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

コメント