NY時間の勝ち方、知っていますか?

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を公開!

オリジナル特典はこちら

サラリーマン必見!FXは黄金タイムだけで24時間取引は必要なし!

その他
この記事は約7分で読めます。

専業トレーダーではなく、日中働きながらトレードとしている兼業トレーダーは24時間取引をするのは難しいです。

FXトレードでは黄金タイムがあり、24時間取引をしなくても為替市場が活発な時間帯を狙うことで大きな利益を狙うことが可能です。

 

この記事ではFXにおける24時間取引のメリット、デメリット、おすすめの時間帯を紹介します。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

FXの24時間取引のメリット

FXは株式投資とは違い、24時間いつでも取引ができます。そのため、FX専業トレーダーの人はいつでも取引ができ、利益を上げられるのがメリットです。

では、FXではなぜ24時間取引ができるのでしょう。

FXは外国為替市場で取引を行いますが、外国為替市場はインターネットや電話でつながった市場なので、物理的な取引所があるわけではありません。そのため、世界中どこからしらで外国為替は取引されているのです。

外国為替市場のサイクルは各国の時差によって違います。例えば、日本時間の朝5時くらいからはニュージーランドのウェリントンで取引が始まり、朝9時ごろには東京や香港などのアジア市場の参加者に引き継がれます。午後からはヨーロッパのフランクトン、パリを経て夕方からはロンドンに移り変わります。そして、夜の10時頃からはニューヨークの市場が始まります。ニューヨークの市場が終わる日本時間の朝6時ごろは次の日のウェリントンへと続いていくのです。

このように、外国為替市場は24時間動いており、日本では平日はいつでも取引ができます。24時間いつでも利益が得られるのは、外国為替を動かす世界各国の経済状況や政治動向です。

世界各国の経済や政治は毎日変化があるわけではありませんが、国によっては大きく動くこともあります。これらのは全てインターネットや新聞、テレビなどで動向が流れるので、ニュース速報がダイレクトに市場に影響してくるのです。

FXの24時間取引のデメリット

FXは24時間取引ができるのでメリットが大きいですが、その分デメリットもあります。

まずは、寝てる間に大損する可能性があることです。24時間取引ができるとはいえ、24時間ずっと為替レートの動きを確認することは難しいです。寝てる間に為替レートが大きく動いてしまった場合は損をしてしまう可能性があります。

次に、為替レートがどのように変動することが分からずに、起きている間ずっとレートを見ていてもあまり利益が得られないことです。為替市場は24時間動いているとはいえ、あまり知識がないとどのように変動するのか予測がつきません。また、24時間ずっと見張っていても、為替市場が一番動くタイミングを見逃してしまう可能性があります。

そのため、24時間取引をしなくても、うまく利益を上げている人は多いです。FXでは24時間取引をせずとも、一番動く時間を把握しておくことで、利益をたくさん得られます。

為替市場が最も動く時間

FXは為替市場が一番動く時間を狙うことで利益を大きく上げられます。動きやすい時間を知っておくと取引に役立つので、一番動く時間を把握するのがおすすめです。

為替市場が一番動く時間は外国為替取引の3大市場と言われる東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場が動いている時間帯です。東京市場は8時から10時ごろ、ロンドン市場は16時から19時ごろ、ニューヨーク市場は21時から2時ごろです。これらの時間帯は為替市場が大きく動きやすい傾向にあります。

他にも、細かく説明すると、次のような時間帯も市場取引が活発になる頃です。

日本の朝8時から10時ごろの時間帯は、経済・マーケットが活発に動く時間帯で、ウェリントン市場、シドニー市場、東京市場と順に動く時間です。特に、大きなニュースがあった後は為替市場にダイレクトに影響がされるので、月曜日は週末のニュースの影響で値動きが大きくなります。

次に、日本時間の10時半〜11時半は中国の上海市場です。上海市場が動き出す10時半は市場取引が活発になる頃で、中国はGDPが世界第2位の経済大国なので、株価だけでなく為替にも大きな影響がでます。

次に、日本時間の午後4時ごろは、ヨーロッパ・ロンドン市場が動く時間帯で、アジア勢に欧州勢が加わるので取引が活発になります。この時期はヨーロッパ各国の経済指標発表も順々と行われていく時間帯ですが、GDP世界第4位のドイツ経済は特に要注目です。

最後は日本時間の夜9時半〜11時頃。ニューヨーク市場が動き出し、参加者が最も動く時間帯です。この時間は日本からの参加者が多く、昼間働いている人や家事が終わったタイミングで参加する人が多いです。

FX取引が活発になる黄金タイム

為替市場が最も動く時間帯を4つ紹介しましたが、初心者が特に狙うべき時間帯をこれから説明します。

初心者が特に注目すべきは、月曜日の朝の時間帯です。毎日トレードするのが難しい、平日は少しだけしかトレードができない人は、月曜日の朝の時間帯だけは逃さないようにしましょう。

日本をはじめ世界中の多くの為替市場は土日に閉まっています。もっとも遅いニューヨーク市場も日本時間の土曜日の朝までに閉まり、次に始まるのは日本時間月曜日の朝5時からのウェリントン市場です。

しかし、その中でも中東のバーレーン市場は土日に開いているので、世界情勢に影響のある出来事が起きると土日でも売買が活発になります。その影響を受けて相場が大きく動くので、これが月曜日の朝にも出現します。

また、土日に動きが活発になった場合、ヘッジファンドや大口投資家による大量の売買が行われ、大きな取引量で価格が一気に動く可能性があります。

土日の動きは基本的には各FX会社のチャートにリアルタイムで反映されないため、月曜日の朝に全て反映するため、月曜日の朝は利益を上げるチャンスです。

 

月曜の朝ですか、ちょっと忙しいじ

確かに・・・土日明けて、やることがいっぱいです。

他にオススメの時間帯はないのですか?

 

 

t2yacool
t2yacool

多くの方にとって、月曜の朝は何かと忙しいのですね。

もちろん、オススメの時間帯はありますよ。
基本的に、トレードを24時間、パソコンのモニターに張り付いて
出来る人はそうそういないですね。(プロは別ですが)

このブログのテーマは、兼業サラリーマンの方でも十分に利益を狙えることを
一番の目的にしていますので、
いかに短い時間で、仕事に影響なく出来るか!ですね。

では、以下の重要なリンク「NY時間の手法」について是非ご確認ください。

 

↓ ↓ ↓

『NY時間の手法』兼業はNYで勝つしかない!

 

 

 

 

短い時間で成功するトレード戦略

為替市場が大きく動く時間帯を説明しましたが、うまくトレード戦略を立てるとより大きな利益を出せます。

短い時間で成功するトレード戦略を立てる方法は次の通りです。

まずは、前の市場の高値と安値をチェックすること。例えば朝の時間帯でアジアタイムが高値又は安値になった場合、高い確率でレジスタンスラインもしくはサポートラインになります。次のロンドン時間ではアジア時間のレジスタンスとサポートが意識されます。

ローソク足ではこれらのレジスタンスラインたサポートラインをどちらかにブレイクするほか観察するといいです。このように、実際にトレードする時間帯より前の市場の高値と安値をチェックするといいでしょう。

次は、トレンドとレンジのどちらかです。トレンドが発生すると必ずどちらかにブレイクします。これら、前の市場の高値な安値をブレイクすることになるので、この流れを追うことでチャートの分析が可能です。

例えば、ロンドン時間で上にブレイクしている場合、上昇トレンドが発生します。次は、ロンドン時間の高値を確認します。次のニューヨーク時間ではロンドン時間の高値のラインが節目になります。このラインはニューヨーク時間のトレンドを形成しているのです。このように、上昇トレンドを追うことで相場の値動きが分かりやすくなります。

まとめ

この記事では24時間取引のメリットとデメリット、おすすめの時間帯を紹介しました。サラリーマンをしながらトレードする人は平日は仕事で忙しいため、決まった時間でしかトレードができません。そのため、為替市場が活発な時間を狙ってトレードをするのがおすすめです。

 

冒頭でも書きましたが・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です。

 

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント