NY時間の勝ち方、知っていますか?

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を公開!

オリジナル特典はこちら

【FXナンピン方法】危険?ルールを守って正しく使えば有効!

手法の考え方
この記事は約3分で読めます。

いきなりですが、みなさんはナンピンをしますか?デイトレードにおいても、ナンピンが切り離せないという方は多いと思います。

特に、兼業トレーダーの方は時間が無い中でなんとか勝とうとして、うまくナンピンを利用したいですよね。

この記事では、ナンピンの良し悪しや有効な使い方について、私の考えを書いてみました。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

ナンピンは良いの?悪いの?

一般的には、ナンピンは損を拡大させる確率が上がるので、良い行為ではないと言われています。

確かに、リスクが上がることは否定できませんよね。

やっぱ良くないんだ・・・

そうとは限りません。

というか、私は使い方次第だと思っています。

というと?

ナンピンについても、明確にルール化しておけばOKということです。

ナンピンを有効に使うことで、間違いなく勝率は上がります。問題は、ナンピンが失敗した時にすぐに損切ができるかどうか、ということです。

 

当然、ナンピンして負けた場合は、いつもより損失額が大きいので、メンタルが崩壊する可能性もあります。

ナンピンして失敗した場合の最大損失額は、しっかりと理解(許容)しておく必要があります。

損切のルールを破れば、その1回のトレードで全てを失う危険性もあるということは、忘れてはいけません。

 

正しいナンピンの仕方

まず、ナンピンというのは最後の手段だと思った方が賢明です。

中途半端なポイントでナンピンすると、失敗するケースは多いと思います。

以下に、ナンピンする時のポイントを書いてみました。

  • 当初の損切ライン付近で、1回だけナンピンする⇒無駄なナンピンはしない
  • 上記の損切ラインを抜ければ、全て損切する⇒リスクを大きくとっているので、損切を躊躇(ルール違反)すると大損する

※当初の損切ライン付近でのナンピンの場合、ナンピン分の損は小さくて済むのでダメージが少ないです。

最後の砦ってことね?

そうですね。

含み損がなくなったらラッキーくらいに思いましょう。

※その後のポジションコントロールは、人それぞれでOKです。

 

ナンピンした場合は、ちゃんと損切しなくちゃ!

マーケットは、ルール違反者を許しませんからね。

含み損を『うまく』対応しようとする心は、破滅に繋がる危険性があります。チャンスは次も必ず来るので、素直に負けを認めることが賢明だと思います。
ナンピン自体は悪いとは思いません。ただし、明確にルール化して何があってもルールを守る必要があります(全てを失います)。

 

まとめ

  • ナンピンは、使い方次第ではとても有効な手段である
  • 使い方を明確にルール化して守らなければ、全てを失うリスクもあり

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント