NY時間の勝ち方、知っていますか?

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を公開!

オリジナル特典はこちら

FXの負けから学ぶ!〜負けない投資家は成長しない〜

その他
この記事は約7分で読めます。

FXで負けたときは気持ちが非常に落ち込むので、「もうFXを辞めようかな」と思ってしまいますよね。FXにおける取引は必ず勝つわけではなく、時には負けて損失を出すこともあります。その度に辛い気持ちになったり、FXを辞めたくなったりするでしょう。

しかし、負けたからといって簡単に諦めてはいけません。FXで負けたときこそ成長のチャンスだと思い、次に繋げていけるといいでしょう。

 

この記事ではFXに負けたときのパターンや対処方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

FXは負けから学んで強くなる

FXのトレードをする上では、必ず負けるときがあります。トレードでは必ず勝って利益を得られるわけではなく、負けるときや損をするときがあります。FXで負けて損をしたときは本当に悔しい思いをしますよね。

FXで負けたときは嫌な思いをすると、「もうやめたい」、「FXから離れよう」と、どんどんネガティブな気持ちになりますが、実は負けることでしか学べないことがたくさんあります。

FXで負けたときは対処方法を理解しておくと、ダメージを減らせます。FXで負けたときの対象方法は負けた理由を把握することです。

 

なんか、今回は嫌な話題だわね

t2yacool
t2yacool

ご想像されていることはよく理解します。
でも、世の中にいるトレーダーの中でも、はたまた他の世界で生きている
人たちの中でも「失敗経験」や「悔しい思い」「負けた経験」「挫折経験」を

されている人はたくさんいます。

すでに結論めいたことを言ってしまえば、
そういう経験が自分を一つ成長させるのではないでしょうか。

 

FXで負ける理由

これからFXで負けることが多い理由を紹介します。

まずは、損失を避けたいという心理から利益が出たらすぐに取引をすることです。利益をすぐに確定して損失を後回しにするのは人間の心理で、FXにおいても、後から損失をするかもしれないのに目先の利益を確定してしまうケースは多いです。目先の利益ばかりではなく、長期的に考えることが大事です。

大負けをした主な事例では、ポジションの持ちすぎで負けたり、失敗が認められずに負けたり、ハイレバレッジで負けることが多いです。

ポジションの持ちすぎは、FXで含み損のポジションを持ち続けると負けにつながることが多いのです。

次に、自分の失敗が認められずに負けるとです。これは、十分にチャート分析ができておらず、トレンドを気にせずに目先の利益だけを考えているからです。「小さな損失は気にしない」と考える人は多いですが、小さな損失は重ねると大きな額になってしまいます。チャート分析をしない、トレンドを気にしないことで負けるトレーダーは自分の癖を理解して直さなければいけません。

最後に、ハイレバレッジで口座の残高がなくなるトレーダーは多く、資産がたくさんある人でもハイレバレッジをすることで大きな損失を出している人は多く存在します。ハイレバレッジにすることで短時間でたくさん稼げそうなイメージがありますが、その分リスクが高いです。トレード歴が長いベテラントレーダーがハイレバレッジをするならまだしも、初心者のトレーダーはハイレバレッジにするべきではありません。

 

ポジションをエントリーするときには、負けることじゃなくて
取れるイメージをもってしまいますよね。

t2yacool
t2yacool

まさにそこです。
誰しも「負けるぞ!」と思って売り買いをする人はいません。
予想を立てたり、情報を得たり、自分で分析をすることで、
新規エントリーをするはずです。

一番よくみる失敗は、
ポジションエントリーをした直後は、早々に値洗益がでてきた、
しかしその後、逆行したパターンです。

※こういう経験をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

例えば、ドルを買ったとします。エントリー直後、思惑通りに相場は上昇した・・・しかしながら、ほどなく反落してしまった。

でも・・・もうちょっと待てばきっと戻るという「希望」に満ちた思いが頭を駆け巡ります・・・

 

これが意外と投資家の判断を大きく狂わせてしまうのです。

損を認めたくない心理、当社は利が乗っていたのに、という思い、この部分が強くなって本来決めていたルールに従うことが出来なくなってしまうのです。

 

負けたときの対処方法

負けたときの対処方法は、自分の中でルールを決めることです。負けた時の悔しい気持ちを解消するための方法を説明するので、参考にしてください。

1.FXから離れる

1つ目はFXから離れることです。損失を出した後は焦ってしまうので、また損失を出してしまう可能性があります。気持ちが落ち着かない状態でトレードを続けると、より大きな損失に繋がります。そのため、損失を出したあと気持ちが落ち込んでいるときはFXから離れるのがおすすめでしょう。FXから離れることで、気持ちを落ち着かせることができ、良いトレードを続けられます。

2.ストレスを発散する

2つ目は、ストレスを発散することです。FXで負けた後はストレスが溜まるので、発散させることで気持ちが落ち着きます。ストレス発散方法は人それぞれで、寝たり、好きなものを食べたり、好きなことをしながらストレスを発散させましょう。

t2yacool
t2yacool

ここまでは、観念論的な気持ちのもちようのような

ものですね。しかし、もっとも大切なのは・・・
次の項目です。

3.トレードルールを守る

3つ目は、トレードルールを決めることです。トレードで負けたからといってトレード方法が間違っているわけではありません。自分の中でトレードルールを決めているときは、そのルールを守るのがいいでしょう。

とはいえ、勝ち続けられるようなルールでないと意味がありません。チャート分析や相場感をしっかりと理解し、トレード手法などを身につけた上でルールを作りましょう。

t2yacool
t2yacool

損を認める、潔さが物凄く大切です。

負けがないトレードはないですし、
負けを経験しない人生もありません。

4.揺るがないようにする

FXで負けると動揺したり、気分が落ち込んだりしますが、揺るがないようにすることで次のトレードも落ち着いてできます。FXでは自分のトレードスタイルと相性が悪いときが起こるので、そのときはブレずに強い気持ちを保つようにしましょう。負け続けているときはお休みを挟みながらトレードを続けるのがいいです。

5.金銭に余裕を持って取引する

トレードで負け続けているときでも借金をせずにトレードが続けられていれば問題ありません。問題なのは、借金を負ってまでトレードを続けること。借金を追ってしまうと返済が大変になり、よりストレスや負荷が溜まるので、生活に必要な資金を残しておき、余裕のある範囲だけでトレードを続けましょう。小さな金額になる場合は、小さい金額で続けるのがよいです。

 

負けを生かすには?

FXで負けたときは、なぜ負けたのかを分析して次に活かせるといいです。また、大負けしないためのルールを把握するとよいでしょう。

損切りのルールを決める

1つ目は、損切りのルールを決めること。同じルールで損切りをすることで、その損失を上回る利益の確保ができます。

ポジションを見つける

勝率が高いポジションを見つけるようにしましょう。勝ちやすいポジションを見つけることで、損切りが強制される状況を減らせます。ムダな損切りを減らせることで、負けが減るので、効率よく利益を出せるでしょう。

自分が信じるインジケーターを見つける

XMのMT5などを駆使して、自分が信じることが出来るインジケーターを見出しましょう。あれこれと手を広げるのではなく、2つか3つの指標を徹底して学んだほうが勝率は高まります。

 

まとめ

  • FXで負けたときは、なぜそうなったのかをきちんと分析することがおすすめです。トレードには負けがつきものですが、ただ負けているだけでは強いトレーダーにはなれません。
  • 勝率が高いトレーダーになるためには、失敗から学んで活かせるようになるといいです。また、自分なりのストレス発散方法を見つけて、溜まったフラストレーションを発散できるのがいいでしょう。
  • 何よりも自分が決めたルールを守る!です。

 

「FXで負けて辛い」人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

 

↓ ↓ ↓こちらは重要なリンクで、兼業トレーダーの方には是非読んでほしい内容です

『NY時間の手法』兼業はNYで勝つしかない!

 

 

冒頭でも書きましたが・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です。

 

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

コメント