NY時間の勝ち方、知っていますか?

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を公開!

オリジナル特典はこちら

【FXトレード開始】XM取引口座へ入金(銀行利用の場合)

トレード準備
この記事は約5分で読めます。

FXを始める場合は、まずは口座開設です。

(口座開設の方法はこちら)

 

口座開設後は、MT5(MT4)を入手して、少し研究する時間を持つといいでしょう。その後、実際に取引を開始する際には、何はなくとも口座にお金が入金されていないと出来ませんので、入金方法をよく確認のうえトレード準備を進めていきます。

 

 

 

この記事では、XM口座への入金方法を簡単に解説していきます。
口座への入金方法は複数あるのですが、今回は、銀行送金による入金方法についてです。

 

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

 

 

 国内銀行送金(日本)

 

XM口座への送金は日本国内の銀行(ATMやネットバンキング)から、国内銀行送金で行うことが出来ます。

その際は振込み後、概ね30分から60分以内には口座への入金が反映されます。

(※送金元銀行が通常営業日である場合は上記の通りですが、

 

入金の際にかかる手数料は銀行側で徴収される振込手数料(0~880円)のみです。

(※入金額が1万円未満の場合、980円(決済代行会社によっては1,500円)の入金手数料が必要となりので送金時は1万円以上が得です)

 

実際の取引では、レバレッジを最高888倍までかけることが出来ますので、必要証拠金や証拠金維持率等のことを考慮して10万円~20万円ぐらいは、使用するしない関わらず念頭においておいたほうがよさそうです。

 

普通の銀行送金を選ぶ方が多いのは、最も簡単な決済手段だからです。

それと、後述の理由があります。

 

↑上記画像をクリックすると、XMの口座入金方法の詳しい解説にリンクします。

 

 ↑こちらの画像をクリックすると必要証拠金が簡単に計算できるサイトにリンクします。

 

 

国内銀行送金は、JPY(日本円)USD(米ドル)EUR(欧州ユーロ)など、XMにおける全通貨タイプ口座への入金に対応しています。

日本円で送金したとしても、着金後、XM所定の為替レートで換算されて、USD口座や、EUR口座へ入金処理が行われるという仕組みです。つまり、普通に日本円で入金すればあとは自動計算されるということです。

 

 

ATMとか、ネットバンキングの利用で普通に海外の取引口座に
入金できるのは手軽でいいですね!

 

 

t2yacool
t2yacool

XMの場合はガイダンスのすべてを日本語で見ることが

出来ますし、説明もわかりやすいです。
ネットバンキングであれば、自宅に居ながら対応出来ますし
手軽ですね。

 

 

 

ところでクレジットカードなどで入金することは
出来ないのですか?

 

 

t2yacool
t2yacool

もちろん出来ます。最低入金額のことを考えると
VISAカードとか、ビットウォレットのほうが少額入金が
出来るのですが、ただし入金だけではなく、出金のことも
考慮しておく必要があるのです。

 

 

 

XMにおける出金ルールとは

 

 

マネー・ローンダリングやテロ資金供与対策のため、入金方法と同一の方法で出金要請をする必要があります。少しややこしいです。それと入金方法が複数に至った場合は、XM取引口座からの出勤の際に、出金方法の優先順位を設けてられているのです。XM取引口座へ入金する前には、一度こちらのXMからの出金ルールを確認しておきましょう。

 

※マネーロンダリングとは、資金洗浄を意味しています。

麻薬取引や犯罪などの違法な手段で得たお金を、架空口座や他人名義口座を転々とさせることで資金の出所を

わかりにくくする方法のことです。

 

 

銀行送金のメリットとは

 

 

上記のXMからの出金ルール、ご覧いただけましたか。

マネーロンダリングは、金融の世界ではそれを助長してはいけないというルールがあります。

この出金ルールは一見すると、ちょっと面倒だな・・・とか、複雑だなと訝しがってしまうかもしれませんが、逆に言えば、このようなルールがしっかりしているということ=しっかりした会社だということになります。

 

銀行送金のメリットは、出金手続が一回で済むということVISAクレジットカードとか、ビットウォレットに出金する場合には、出金限度額が入金額までとなっております。

尚且つ・・・

益を出金するときには、必ず銀行出金を選択することになります。

元金と利益の出金をしたい場合などは、出金手続きを二度しなくてはなりません。

初めから銀行送金による入金でやっておけば、手続きは一度で済みます。

 

  • 銀行送金による入金は、出金ルールを考えなくてよく、すべて一回で出金が出来ます
  • 銀行送金には、出金限度額がありませんので利益分もまとめて出金できます。

 

 

 

海外FXの場合の資金管理は、入金と出金の双方を考慮していく必要があります。
皆さんの事情に合わせて、入出金の方法を考察されてみてください。

 

 

 

 

 

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

コメント