NY時間の勝ち方、知っていますか?

★『XM』で口座開設して無料特典をGet!
⇒兼業が勘違いしている勝ち方を公開!

オリジナル特典はこちら

XMへの送金はクレジットカードがベスト!?送金方法や注意点を紹介

トレード準備
この記事は約8分で読めます。

XMの送金方法は銀行送金やビットウォレットなど色々ありますが、皆さんは人気のある送金方法を知っていますか?

実は、XMの送金方法としてクレジットカードの利用率が高くなっています。

 

XMでは全ての送金手数料を基本的に廃止しており、お客様の負担を減らすように努めています。

クレジットカードも入金手数料が0円なので、いつでも気軽に送金可能です。

 

この記事では、XMでクレジットカードで送金する方法と手数料、送金の注意点、クレジットカードを使うメリットを紹介します。

 

 

と、その前に・・・

★兼業トレーダーが勝つには、少し独特な思考が必要だと私は考えていますが、多くの人は『勘違い』をしています。

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった『大衆の盲点を突く、兼業の勝ち方』を、下の記事にすべて纏めています。

微力ですが、トレード履歴も公開しています

兼業で本気で勝ちたい方、悩んでいる方は是非、後で読んでみてください。

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

 

 

 

XMへクレジットカードで送金する方法

 

XMで送金する場合はどのような方法で行えばいよいのか気になる人が多いでしょう。これから具体的な方法を説明します。

 

XMでは、複数の入金方法によってXMの取引口座に資金を入金している場合、出金方法の優先順位を設けています。

 

優先順位は、クレジットカード/デビットカード、オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY、BXONE)、国内銀行送金(日本)の順番です。

 

XM口座への入金するときに、複数の入金方法を利用している時は、出金方法の優先順位に基づいて、各入金方法での入金額をそれぞれ送金してから利益の送金を行います。

そのため、送金する際にクレジットカードを使いたい場合は、入金方法もクレジットカードでなくてはなりません。

 

XMの取引口座でVISAカードを使って入金している場合、利用しているVISAカードへ送金する必要があります。

 

出金が可能なクレジットカード/デビットカードは、VISAカードのみとなり、JCBカードへの送金はできません。

 

VISAカードで送金する場合、出金申請から24営業時間内にXM側での出金処理は完了します。その後1週間~1カ月程で返金処理が行なわれます。これは、会社によってかかる時間が異なることがあります。また、送金に際にかかる手数料ですが、クレジットカード/デビットカードは無料です。

 

VISAカードで入金している場合、XMの出金優先手続きのルールに基づき、カードによるご入金合計額に達するまで、カードでの送金が先に行われます。国内銀行送金などの他の入金手段も使用している場合、カードへの出金が優先されるので、先に他の出金手段で出金することはできません。

 

また、カードへの出金可能な金額は、カードでの入金合計額までとなり、利益分は国内銀行送金(日本)でご出金となります。そのため、入金している金額を超えている場合は、クレジットカードと銀行振り込みを併用しなければなりません。

また、一度行った送金を取り消したい場合はどうすれば良いのでしょう。この場合、クレジットカード/デビットカードによる送金は、XMの取引口座へ入金頂いたカードの「ご利用記録」をキャンセルすることで返金処理ができます。

 

例えば、ショッピングでカードを利用し、何らかの理由で返品した場合はカードのご利用履歴から購入金額と同じ金額がマイナスされて返金されます。これと同じで、XMで一度送金したお金も後で取り消せるので安心です。

 

送金するカードは入金した際に使ったカードと同じでなければなりません。クレジットカード/デビットカードの送金は入金に利用したカードへのみ、合計入金額を上限に送金できます。このように入金時と異なるカードへの送金や、入金額以上の金額を出金することはできません。

 

最後に、XMでのカード利用分のお支払い締め日が来ていない場合は同じ月に出金処理(キャンセル処理)が行われるのでXMでのカード利用分の請求がなくなります。XMでのカード利用分の支払いが終了している場合はキャンセル処理が行なわれた月の締め日に応じて返金処理が行なわれます。

 

カード会社によって締め日は異なるので、返金処理が行われる日もそれぞれ異なりますので注意しましょう。

実際にご利用頂いたクレジットカード/デビットカードへの返金時期に関して知りたい場合は、一度カード会社に問い合わせて確認するのも良いでしょう。

 

 

XMへの送金にかかる手数料

 

クレジットカードによる手数料は基本的に無料です。

 

クレジットカードの送金はVISAカード、JCBカードなどほとんどの会社のクレジットカードで手数料が無料なので非常に便利です。但し、1万円未満の入金や送金では手数料が発生することがあります。

 

また、クレジットカード以外の送金方法では、手数料はかかるのか気になりますよね。

 

答えは、手数料がかからない方法が多いです。例えば、bitwallatやSticPay、国内銀行送金、海外銀行送金、BXONE WallatなどXMの送金によく使われる方法は全て手数料がかかりません。

 

クレジットカードは手数料がかからない分コストの面でもおすすめできます。コストが削減できると心に余裕ができるので気持ちが楽になります。

 

 

XMへの送金の注意点

 

では、実際にクレジットカードを使うはどのようなことに注意すれば良いのでしょう。

 

入金した方法と同じでなくてはならない

 

まず、クレジットカードですが、送金するためには入金した方法と同じでなければなりません。例えば、入金した方法がクレジットカードではなく他の方法ならば、それと同じ方法で送金する必要があります。そのため、クレジットカードで送金するためには、入金も同じようにクレジットカードで行なわなければなりません。

 

クレジットカードで入金したことがない場合、XM会員ページの送金方法の一覧にクレジットカードは出てきません。送金方法の欄には、銀行送金による送金方法のみ表示されるでしょう。

 

そのため、クレジットカードを使って送金したい場合はクレジットカードで入金する必要があります。ただし、JCBカードで入金した場合や、カードで入金してから3ヶ月〜1年程度経過した場合も銀行送金しか使えません。このように、クレジットカードを使いたい場合はあらかじめ注意しましょう。

 

②入金した金額と同じでなくてはならない

 

 

2つ目の注意点は、クレジットカードで送金できる金額は入金した金額までです。

例えば入金した金額以上の利益が出た場合でも、入金金額を超えた分の金額は送金できません。

 

XMでは利益分の送金は銀行送金のみ可能です。クレジットカードで入金して利益が出た場合も、利益分は別に銀行にて送金しなければなりません。

 

例えば、クレジットカードを使って20万円分入金したとしましょう。これに対して5万円の利益が発生します。この場合、合計金額は25万円ですが、最初にクレジットカードで入金した20万円はクレジットカードにて送金します。利益が発生した5万円は別に銀行送金です。

 

このように、利益分の発生は銀行送金のみなので、気をつけましょう。

 

 

 

XMでクレジットカードを使うメリット

 

クレジットカードを使うメリットは2つあります。

 

手数料が無料

 

1つ目は、手数料が無料であることです。XMでの送金方法としては銀行送金がよく使われるスタンダードな送金方法です。しかし、銀行送金は入金手数料は無料ですが振込手数料がかかってしまいます。

 

銀行送金の場合は、手数料が引かれた金額がXM口座に反映されるので、なるべく1万円以上の金額を送金するのがおすすめです。

 

また、銀行送金は利用する銀行などの条件によって手数料が前後しますが、少なくとも108円の手数料を負担しなければなりません。

これに比べてクレジットカードは入金額に関わらず手数料が無料なので、入金コストを気にせずに使えます。

 

 

銀行口座に即座に反映する

 

2つ目のメリットは口座に即時反映されることです。

銀行送金の場合は銀行の営業時間内に振り込み手続きを行うと30分〜1時間の間にXMの口座に反映されます。また、営業時間を超えてしまった場合は翌営業日まで持ち越しです。

 

銀行振り込みでも十分早いといえますが、これ以上に早いのがクレジットカード送金です。クレジットカードの送金はカードのショッピング枠を使った方法なので、即時反映されるのが一般的です。

このように、すぐにトレードしたい人にとってはクレジットカードは心強いでしょう。

 

 

 

★この記事を読んでXMで口座開設して頂くだけで、『無料のオリジナル特典』を差し上げます。

 

一般のサラリーマンである私が、月給以上を稼げるようになった盲点の思考術とトレード手法を纏めたものをプレゼント致します(もちろん無料です)。
すでにXM口座をお持ちの方も、追加口座を開設して頂ければOKです。

この特典には、私が約10年の兼業FX生活で得た教訓の全てを織り込んでいます。これを無料でプレゼントするのは、本当にあなたのお役に立ちたいからです。

※もちろん使わなくとも構いませんが、この記事を読んでくださっている感謝の気持ちだと思って、受け取って頂けると幸いです。(詳細はこちらから)

 

 

冒頭でも書きましたが・・・

兼業トレーダーが勝つには、少し独特な考え方が必要です

『兼業が勝つための思考術』はこちら

 

 

コメント